標準的な食生活を送っていても

結婚してからの生活が変わった 標準的な食生活を送っていれば、肥満になると言うことはないでしょう。しかし、栄養素がしっかり摂れるとは言えません。とくに、カルシウムと食物繊維と鉄は、標準的な食生活では十分な量を摂取できないです。何気なくではなく、意識して摂るようにしましょう。カルシウムは1日に600mg摂るのが望ましいと言われています。しかし、600mgとはどれくらいかよく分からないでしょう。コップ一杯の牛乳で220mgのカルシウムが摂れると言われています。わかさぎを3尾食べれば270mgのカルシウムが摂取できますが、牛乳を飲む方が楽でしょう。

鉄と言えばレバーですが、これも毎日摂るのは大変です。ほうれん草100gで2mg、小松菜100gで2.8mgの鉄が摂れます。牛レバー50mg食べたときと同じ量の鉄が得られるので、積極的にほうれん草や小松菜を食べるようにしましょう。しかし、豚レバー50mgでは、6.5mgもの鉄が摂れます。ときどきは豚レバーも食べなくてはいけません。また、食物繊維は現代人に最も不足しやすい栄養素と言われているので、とくに気をつけて摂取することです。果物と野菜をジュースにしたものだと量も摂りやすいでしょう。